loading

Now Loading...

Multilingual Contact Center多言語コンタクトセンター自治体医療・住民の方

自治体医療・住民の方が利用されるシーン

  • Contact お問い合わせContact お問い合わせ

Contactお問い合わせ

外国語を話されるお客様がお困りの際に、電話、映像通訳のシステムなどを使い通訳センターへご連絡いただき、電話の先で通訳オペレータがご担当者様とお客様との会話を交互に通訳するサービスです。
緊急の連絡の際でもスムーズに対応を行い、事象の確認、現状の把握がいち早くできます。

  • Medical questionnaire 問診Medical questionnaire 問診
  • Medical questionnaire 問診Medical questionnaire 問診

Medical questionnaire問診

手術前のインフォームドコンセントや手術中の通訳など、状況に合わせた意思疎通が必要な際に、通訳者を病院へ派遣し通訳を行う医療通訳者派遣サービスです。医療通訳は、痛みの表現だけでも多くの言い回しがあり、慣れていないと正確な通訳が困難な場合が多くあります。
BRICKS.では、医療通訳に携わってきた経験とノウハウで、医師と患者のコミュニケーションを助けます。

  • Procedure method 各種手続き方法説明Procedure method 各種手続き方法説明

Procedure method各種手続き方法説明

日本語が話せない外国の方でも、複雑な手続き方法の説明をスムーズに対応が出来れば、顧客満足度が上がり、サービスの質も向上します。

SOLUTION

  • 2者間電話通訳2者間電話通訳

2者間電話通訳

緊急外来の時には外国人患者様と医師様・看護師様・受付の間に入り、お電話にて、コミュニケーションのお手伝いを行います。緊急の際近くにスタッフがいなくても電話一本で通訳いたします。

  • 3者間電話通訳3者間電話通訳

3者間電話通訳

3者間電話通訳は、日本語が話せないお客様からお電話があった際に、電話機等の3者間通話の機能を使って電話の先で通訳オペレータが通訳を行うサービスです。

2者間電話通訳と3者間電話通訳の違いとは?

どちらも電話を使った通訳サービスです。
海外からのお客様が目の前いらっしゃる状態で、
電話機の受け渡しで交互に話すことが可能であれば
2者間電話通訳外国人のお客様とご担当者様と通訳オペレータの
全員が3者間通話の機能を使って
同時に話せる状態で行う通訳を3者間電話通訳と呼んでいます。

導入事例 インバウンド緊急医療対応多言語コールセンター

Case Study 01インバウンド緊急医療対応多言語コールセンター

導入事例 インバウンド緊急医療対応多言語コールセンター

インバウンド旅行者が多い地域では、地域全体での医療ネットワークの構築を進めており、その際のコールセンターの対応を行っております。病院や消防、ホテル等の宿泊施設など、特定の施設のみではなく、緊急時に旅行者の方が係るであろう施設での利用が可能となっております。ホテルに宿泊中のご家族のお子様が室内にて転倒で怪我をしてしまった際には、ホテルの担当者より消防機関に連絡があり、消防署とホテルとの3拠点での通訳対応を行いました。怪我の具合を通訳にてお伝えし、緊急搬送は必要ではないのではないかいうことで、様子を見て、症状が悪化した際には搬送を行うとなり、状況を通報者様、ホテルのスタッフ様へお伝えすることがございました。

導入事例 あいち医療通訳システム運営事務局

Case Study 02あいち医療通訳システム運営事務局

導入事例 あいち医療通訳システム運営事務局

愛知県様にはあいち医療通訳システムの設立時より弊社サービスをご利用いただいております。名古屋外国語大学様とも連携し、愛知県内での通訳者の育成事業を行っております。また研修を終了した通訳者を登録し、要請いただいた医療現場への通訳者の派遣業務にかかわる事務局対応を行っております。電話通訳サービスと組み合わせることで電話による24時間の通訳サービスと現地でのキメの細かい対応が可能になりました。

ブリックスが選ばれる6つの強み

サービスの流れ

  • お問い合わせ弊社お問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせしていただきます。

  • ヒアリングお問い合わせの回答はもちろん、弊社スタッフが直接お客様とお話をして、現状の課題、お悩みを詳しくヒアリングさせていただきます。

  • ご提案ヒアリングした内容を踏まえ、ご要望や用途にあわせて最適なソリューション内容、プランのご提案をいたします。

  • お見積りヒアリングした内容を踏まえお見積り書を作成いたします。

  • 発注 / ご契約お見積りのご確認が取れましたらご契約書を送付させていただきます。

  • 運用開始弊社にて運用の準備を行い、運用開始となります。運用準備から運用開始までおよそ1ヶ月かかります。

多言語で展開するサポートサービス

  • 電話通訳

    お客様と現場のスタッフの間を電話で通訳します。コールセンターをお持ちの企業様は通訳センターを通して通訳も可能です。

    電話通訳
  • カスタマーコンシェルジュ

    外国語のお客様からの一次問い合わせを弊社で受電し、必要に応じてFAQに沿って弊社で解決いたします。

    カスタマーコンシェルジュ
  • SNS 多言語投稿監視 SNS
    多言語投稿監視
  • 翻訳

    院内表示、カルテ、契約書などの翻訳を行います。専門的な翻訳者が幅広く対応いたします。

    翻訳
  • AI通訳・翻訳

    低コストで高精度な翻訳をAIを使って提供します。

    AI通訳・翻訳
  • iPad・映像通訳

    テレビ電話を用いて映像を通して通訳を行います。実際に通訳者の顔を見て通訳を行えるので安心してご利用いただけます。

    iPad・映像通訳
  • 外国語研修

    現場で本当に必要なフレーズを通訳センターの実績から研修内容に盛り込み、専用の研修をいたします。

    外国語研修
  • ヘルプデスク カスタマーサポート ヘルプデスク
    カスタマーサポート
  • お問い合わせ等のメール翻訳

    日本語⇔外国語の翻訳をいたします。また、返答する際のメールについてもお客様の言語に合わせ翻訳し、やり取りが終わるまで翻訳の対応をいたします。

    お問い合わせ等の
    メール翻訳
  • グローバル人材派遣 / 通訳スタッフ派遣

    外国語対応が必要な業務や、現場での通訳者が必要な際にスタッフを派遣いたします。日数・時間・場所など、必要に応じて対応します。

    グローバル人材派遣 /
    通訳スタッフ派遣

よくある質問

  • Q.1

    料金体系はどのようになっていますか?

    基本的に月額料金を固定で契約いただきます。契約の件数より超過した場合に従量課金制でご請求します。

  • Q.2

    何ヶ国対応していますか?

    13言語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン、欧州言語、アジア言語対応中)

  • Q.3

    通訳者の採用基準はどのようになっていますか?

    ホスピタリティーなど社内独自の基準にて社員雇用を行っており、日本人通訳者はTOEIC900点レベルの方を採用しています。また、外国人通訳者は日本語検定1級レベルに準じた語学力を持ち、敬語や丁寧語などにも対応できるものを採用しています。

  • Q.4

    通訳者への教育などは行っていますか?

    通訳に関する独自の研修プログラムを所有しており、入社後はプログラムに沿って研修を行います。
    品質の高いサービスを提供するため、お客様ごとの細かなルールなども研修を行います。

  • Q.5

    個人情報などのセキュリティーについて教えてください。

    ISO27001とプライバシーマークの認証を取得しております。通訳センターは入退室の管理のため、ICカードでの入退室管理及び、監視カメラを設置しての管理を徹底しています。