• HOME
  • 多言語コンタクトセンター

世界標準のコンタクトセンター
「日本語」だけでもご利用いただけますが、標準6ヶ国語には当然日本語も含まれています。

多言語コンタクトセンターは日本語をベースに英語、中国語、韓国語をはじめとする各国の言語を使えるオペレータがサービスを提供しています。基本の6ヶ国語は標準でご用意していますので、急に外国語を話すお客様の対応が必要になった時でも対応が可能です。
日本語限定のコンタクトセンター構築もお任せください。

クオリティと強み
品質は利用後に感じていただくのが一番ですが、先にお伝えしたい5つのポイント

5つのポイント

1.基本言語は6ヶ国語 
その他、東アジア・東南アジア言語なども開発中
基本言語:日本語、英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語、
ポルトガル語、スペイン語
開発言語:タイ語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語
※その他の言語対応も随時ご相談ください!

2.24時間365日対応
夜間や休日対応のみのご依頼も承ります

3.必要なときに必要な分だけ、オンデマンドに利用可能
外国語が話せるスタッフを常駐するよりも圧倒的に低価格

4.専門分野にも対応
医療や法律、ITなどの専門分野にも対応

5.豊富な導入実績
経験豊富な通訳オペレータが対応

ページTOPへ

オペレータについて
外国語が話せる日本人オペレータと、日本語が話せる外国人オペレータ
どちらもいるからこその強みがあります。

多言語コンタクトセンターで働く日本人オペレータは留学経験や帰国子女など、外国語をネイティブレベルで話すことができるオペレータです。外国人オペレータは日本語検定1級合格の水準を満たし、敬語や丁寧語も使えるスキルを持っています。どちらもバランスよく採用し、ネイティブチェックし合える環境があるからこそ、日本語と外国語の会話の間に立って、お客様にご満足いただける多言語サービスが提供できると考えています。

ページTOPへ
プライバシー/ISO

コールセンターについて
新宿本社内に構える多言語コンタクトセンター
近くにあるから、見える、聞こえる、安心がある

新宿に構えるオフィス内にブリックスの多言語コンタクトセンターはあります。
お客様の大切な情報をお預かりするため、ISO27001 やプライバシーマークを取得し、情報セキュリティには細心の注意を払っています。業務に対しては透明性とクリーンな運用を心がけ、ガラス張りのコンタクトセンターでは、ご契約企業様にセンターを見学いただいております。営業とコンタクトセンターの物理的距離が近いことで、業務における情報の報告・連絡・相談もスムーズで、お客様のご要望にも柔軟にお応えできる連携体制を構築しています。

組み合わせや使い方も様々なブリックスのグローバルBPOサービス

多言語コンタクトセンター
  • ・電話通訳
  • ・iPad/映像通訳
  • ・トラベルコンシェルジュ
  • ・グローバル人材派遣
  • ・夜間休日緊急コ-ルセンタ-
  • ・カスタマーコンシェルジュ
  • ・ヘルプデスク
  • など
グローバルソリューション
  • ・メール翻訳
  • ・ホームページ翻訳
  • ・メニューパンフレット翻訳
  • ・SNS多言語投稿監視
  • など
エンジニアリング
  • ・システムエンジニア派遣
  • ・ネットワークシステム
     構築支援
  • ・システムインテグレーション
  • など
ページTOPへ