2014年

2014.11.01 【ニュース】関西国際空港内の関西観光情報センターにてテレビ電話通訳サービスを受託

株式会社ブリックス(本社:新宿区新宿四丁目3番17号 代表取締役:吉川 健一 以下、ブリックス)は、関西国際空港内の関西観光情報センター(※1)にて、タブレットPCを利用したテレビ電話通訳サービスを提供いたします。

 この度のテレビ電話通訳サービス導入は、関西国際空港が今後ますます増加が期待される外国人旅行者のために、きめ細やかでホスピタリティに富む観光案内を目指し、従来の関西観光情報センターのスタッフによる日本語と英語の観光案内サービスに加えて、テレビ電話通訳サービスを利用して下記のとおり対応言語を拡充し、更なるサービスの強化を図るものです。

1)名 称:関西国際空港内の関西観光センターにおけるテレビ電話通訳サービス受託
2)開始日:2014年11月1日(土)より
3)場 所:関西国際空港内 関西観光情報センター
4)対応言語:中国語・韓国語
 (日本語と英語については、これまでどおり、関西観光情報センターのスタッフにて直接対応されます)


※1 関西観光情報センター
関西16府県市により構成される「関西国際空港内観光案内所整備運営協議会」が、第1ターミナルビル1階中央にて運営。
関西 16 府県市が発行するマップやパンフレットを提供するほか、関西各地の観光スポット、伝統行事、イベント、グルメ&ショッピング等の情報や宿泊施設の紹介をおこなっています。(開設時間 7:00~20:30)
構成団体: 福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県、京都市、 大阪市、神戸市、奈良市、和歌山市、堺市(事務局:大阪府)


■参考
【株式会社ブリックス】http://www.bricks-corp.com/
ブリックスは24時間365日、「世界標準」をキーワードに6ヶ国語(日本語/英語/中国語/韓国語/ポルトガル語/スペイン語)をベースにした外国語コンタクトセンターを運営しています。電話通訳、翻訳、バイリンガル人材派遣をはじめ、旅行会社向けに開設した夜間休日緊急デスクでは業務渡航者向けのトラベルコンシェルジュの提供、海外顧客にも対応したアプリの開発など、システムも含めたグローバルBPOサービスを展開しています。医療用語や法律用語など専門的な用語にも対応し、自治体や公共交通機関、医療機関、商業施設、金融機関、旅行会社など、訪日外国人旅行者を受入れる企業への外国語サポートやグローバル展開される企業などへの導入実績があります。


■本件についてのお問い合わせ
株式会社ブリックス 広報担当
メールでのお問い合わせはこちらのフォームをご利用下さい。
電話:03-5366-6018 FAX:03-5366-6002

ページTOPへ