• HOME
  • ニュース(2017年)
  • 【ニュース】広域関西地域向けに「KANSAI SOS多言語コールセンター整備実証事業」を実施

2017年

2017.10.19
【ニュース】広域関西地域向けに「KANSAI SOS多言語コールセンター整備実証事業」を実施

国土交通省近畿運輸局では観光庁「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業(実証事業)」の一環として、近畿運輸局と地方ブロック別連絡会構成員メンバーでもある一般財団法人関西観光本部が連携して多言語コミュニケーションの改善・強化に取り組んでおります。
本実証事業は外国人旅行者の激増や地域都市への訪問増加に伴う受入事業者側の課題を把握、整理した上で、現時点での最適な解決手段と考えられる関西広域で観光事業者等が手軽に電話で利用できる音声自動翻訳機能を併設した多言語コールセンターの整備についての妥当性の検証を目的とします。

本事業では、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下「NICT」)の多言語音声翻訳アプリケーション「VoiceTra(ボイストラ)」をベースに電話通訳サービスを組み合わせた多言語コールセンターを用いて、音声自動翻訳システムと人による通訳を組み合わせた迅速かつ丁寧な対応が可能になります。

【事業名】
平成29 年度訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業(実証事業分)による「KANSAI SOS 多言語コールセンター整備実証事業」

【事業概要】
①受入環境調査
外国人旅行者への対応を行う事業者側の現状の受入体制と課題把握を目的とした調査を行う。
②音声自動翻訳機能を併設した多言語コールセンターの設置・運営
外国人旅行者が事業者へ来訪時にご活用頂ける電話機等による電話通訳を提供する。

【対象】
広域関西(2府4県+三重県、福井県、鳥取県、徳島県)の宿泊施設、商業施設、観光施設、交通機関等

【実施期間】平成29年10月19日(木)から平成30年2月28日(水)まで

【対応言語】英語・中国語・韓国語・タイ語・インドネシア語

【実証事業 受託】株式会社ブリックス(東京都新宿)

【本件に関する問い合わせ先】
(実証事業 受託会社)
株式会社ブリックス
KANSAI SOS 多言語コールセンター整備実証事業事務局
TEL 03-5366-6018/ FAX 03-5366-6002

ページTOPへ