loading

Now Loading...

Case Study導入事例

交通JR東日本管内の駅構内や列車内における多言語対応

JR東日本管内の駅構内や列車内における多言語対応

CLIENT DATA

  • クライアント東日本旅客鉄道株式会社
  • 業 種交通業界

プロジェクト概要

JR東日本様にでは通常の通訳サービスに加え、専用のアプリを用いた通訳サービスをご利用いただいております。JR東日本様では乗り換えや切符の購入方法に関するご対応時に通訳をご利用いただくことが多くございます。車両内でお忘れ物をしてしまった場合、お荷物の特徴や乗車されていた電話の情報などを細かくお伺いし、乗務員の方へお伝えします。その際に発券されないこともあり、見つかった場合にその後のお受取方法なども合わせえてご説明を行っております。

BRICKS.のソリューション・提案

BRICKS.では「心と心をつなぐ」をミッションにサービスを提供しています。

在住外国人や訪日旅行者の病気・怪我は増加傾向にあります。各地域毎の消防局などで多言語対応が可能なスタッフを雇い対応することが一番ですが、それを英語・中国語・韓国語などの複数の言語をカバーしていくのはハードルが高いのではないでしょうか。ブリックスは長年通訳を専門に事業を進めており、24時間いつでも対応可能な通訳センターで電話通訳を提供しております。医療用語なども専門研修を受けており、緊急度の高い通訳にも対応が可能です。外国の方からの通報にも電話で対応を行い、言葉の壁を取り除きます。

他の事例を見る

業種で選ぶ

ソリューションで選ぶ