1. TOP
  2. 企業情報
  3. 沿革・ストーリー

沿革・ストーリー

STORY

BRICK’sのあゆみ

HISTORY

  • 2002

    愛知県で通訳業として創業
    日韓サッカーW杯の対応

    会場へ通訳者を提供していました。電話での通訳を始めるきっかけとなる。

  • 2005

    愛・地球博の対応

    会場の多言語対応をサポートしました。

  • 2009

    医療通訳の開発

    聖路加国際病院のお力添えをいただき、医療通訳を取組み始めました。

  • 2011

    24時間3言語対応開始

    英語・中国語・韓国語の24時間対応を開始しました。

  • 2011

    東日本大震災 外国人被災者への無料電話通訳サービス開設

    外国人被災者に対して無料の通訳センターを開設して無料でサポートをしました。

  • 2012

    24時間2言語対応開始

    ポルトガル語・スペイン語の24時間対応を開始しました。

  • 2012

    全国初 京都市で外国人観光客向けの24時間通訳センター開設

    地方自治体と協力して観光施設向けに通訳センターを提供し始めました。

  • 2015

    インバウンドビジネスセミナーの開催を開始

    訪日旅行者の増加を狙い、有識者を招聘して無料のセミナーを地方自治体、民間企業を対象に始めました。

  • 2016

    ハイブリッド通訳(AI通訳)をリリース

    NICTとの共同研究開発を締結し、音声認識翻訳と電話通訳のハイブリッド型を提供しました。

  • 2017

    AI通訳・AI翻訳を提供開始

    これまで蓄積したノウハウをベースにAI分野にも取組みを始めました。

  • 2018

    全国初 24時間外国人電話通訳提供開始

    全国初 三重県児童相談所での24時間外国人電話通訳提供開始しました。

  • 2019

    株式会社JTBとの資本提携

    株式会社JTBからご出資をいただきました。
    株式会社JTB グローバルアシスタンスの多言語案内事業を譲受しました。

  • 2019

    旅行業登録

    旅行業登録を行い日本旅行業協会(JATA)正会員となりました。

  • 2020

    独立資本体制のもと新たに始動

    ブリックス出資組合が当社株式を取得、独立資本体制のもと新たに始動しました。
    社名を「株式会社ブリックス」から「株式会社BRICK’s」へ変更しました。

  • 2021

    コロナウイルス予防接種関連の多言語対応

    各市のコロナウイルス予防接種予約、お問合せセンターの多言語対応を受託しました。

  • 2021

    USAへ子会社設立

    AI事業を推進するため、カリフォルニア州 サンノゼに子会社を設立しました。